• 2017年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

まいどおおきに

まいどおおきに。朝晩はようやく寒なってきました。11月いうても季節は晩秋?まだまだ釣れん時期やないです。秋の荒食いはまだまだ起こりうる?今年も後2ヶ月、皆さんもラストスパート?行けるだけ行って、釣れるだけ釣ってしまいましょう。こちら琵琶湖では、次第に冬型の気圧配置が多くなっていきます。荒れる日も増えますので、無理はせず、安全第一で釣りして下さいね。 10月初旬。場所は北海道。既に?DOWLUCKルアーでのサケ釣りは確立されつつ?ありましたが、CLUTCHマガジンの取材付でヤマネに同行することになりました。いやぁ〜私は、下手過ぎて?箸にも棒にもかかりませんでした。上手い人は、何釣らせても、上手いですな〜。北海道の皆さん、サーモンフィッシングのお供に、DOWLUCKルアーいかがですやろか?ヘタコでも釣れる必殺メソッドを発見したら、是非教えてほしいものです。

10月11日。今年最後の公式戦、DOWLUCK CLASSICが全国一斉で開催されました。1匹長寸ではなく、釣った数だけ魚の長さを足していくポイント制の大会。今年も全国7会場で約100人の参加者で競い合いました。見事優勝を果たしたのは、四国地区から参加の山田豊樹選手。2016年DOWLUCK MASTERSの参加資格もありますので、是非、来年は琵琶湖にも来て下さい。おめでとうございます。

さて今月の作品"ISHIKARI MIKIE"となります。久々の、ジョイントではないライブリープラグ。スイミング時とポーズ時に有効なスカート付き。強めの首振りではリップが水を噛んで音を発します。私的には、首振りとリトリーブ(STOP&GO)を交ぜて誘います。ジョイントに警戒?してるバスをサイレントで誘う?勘違いしてる人も多いですが、ジョイントでブリブリに泳いでる方が釣れる?なんてことは、決してありません。どのルアーでも言える事ですが、時と場合とバス次第であります。一定リトリーブでは、大きな水押しと怪しく揺れるスカートが効くのか?釣れてくるアベレージも大きいですよ!おすすめです。まいどおおきに。にしおかでした。。

ISHIKARI MIKIE

だいたい10.5cmおよそ40g

<あおっぱな ¥15,120>

Lures: image 1 0f 3 thumb

<ほろぐらむ ¥15,120>

Lures: image 2 0f 3 thumb

<しろほね ¥15,120>

Lures: image 3 0f 3 thumb

back
TOPに戻る